サブカルチャーニュースサイト

アニメやマンガ、ゲーム等その他サブカルチャー系の
ニュースをまとめたブログサイトになります。
できる限り多くの最新の情報をお届けいたしますので
気になる記事等を是非見つけてみて下さい。

    タグ:eスポーツ情報


    2019年9月5日、東京の青山学院大学青山キャンパスで、女性、シルバー世代、障碍者という様々なフレームを超えて活躍するステージとしてのeスポーツを考える、「ユニバーサルeスポーツ研究会」が開催された。この記事では当日の様子をリポートする。

    女性への広がりが今後の発展占う?

    最初に登壇したのはeスポーツチームRush Gaming」を運営する西谷麗さんと、毎日新聞社出身で「全国高校生eスポーツ選手権」の立ち上げメンバーでもある田邊真以子さん。そしてeスポーツライター編集者の渡辺静さんと、それぞれ異なる立場でeスポーツを盛り上げている3人の女性だった。

    西谷さんは自身で開催したチームユニフォーム販売イベントの映像を流し、「スタッフに女性がいると企画や発想に幅が出る」と女性の存在がeスポーツにとって力になると解説。しかし女性ゲーマーについてはまだまだマイノリティな存在だそうで「もし強い女ゲーマーがいたらチームに誘いたい」と、今後の女性ゲーマーの活躍に期待を寄せていた。

    田邊さんは毎日新聞を退職してコンサルタントを務めているが、eスポーツとの関わりは未だ強く保っているそうで「eスポーツは新時代を象徴する新しい文化。このまま発展させていきたい」と、若者や女性が活躍する場としてのeスポーツ存在感は強いと力説していた。

    ライターの渡辺さんは「自分はゲームを観て楽しむ"観戦勢"です」と自己紹介。「現場でeスポーツを観て楽しんでいる女性は、肌感覚で10人に1人か2人。少ないけれども確実に存在している」と語り、「ゲームを遊んでいる女性は実は多い。女性でもハマれる要素はあるのでeスポーツの世界に入り込める可能性は大きい」と、今後のeスポーツの発展には女性に目を向けてもらうのが有効ではないかと示唆した。

    障碍者が活躍するステージとしてのeスポーツ

    セッションの後半にはプロゲーミングチーム「Unsold Stuff Gaming」代表の高橋大輔氏と凸版印刷情報コミュニケーション事業本部課長の奈良泰秀氏が登壇。

    高橋氏は自身の経験を踏まえ、「eスポーツは健常者と障碍者がハンディキャップの壁を越え、誤解無く分かりあえる」手段として機能していることを紹介した。

    奈良氏は社内でeスポーツ部やプロジェクトを立ち上げ活動する傍ら、地元で子供たちにサッカーを教えているそうで、サッカーで活躍できなくて辞めてしまった子供が、eスポーツで活躍している例について嬉しそうに語った。

    eスポーツライター 早川清一朗)

    左から田邊真以子さん、西谷麗さん、渡辺静さん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 tk.ismcdn.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    そりゃゲームエンジョイ勢の女性は結構いるかもしれないがガチ勢となると男以上に極端に割合が下がるからなあ


    eスポーツは他のスポーツができない代わりや、逃げ道じゃないと思いますが。 プロやガチ勢の中に入るのに100~200連敗をまず耐えれる女性や障がい者がいるかどうか・・


    まだゲームが楽しめるほどの障がいであることが救いかな。くだんの参議員の方にも参加できる環境なら素直にすごいと思うけど。


    現在のプロゲーマーの中に居る女性や障害者の人数。それが答えです。





     2019年8月14日8月15日テレビ東京と電通が主催する高校生対抗のeスポーツ大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019」の決勝大会が,千葉県舞浜アンフィシアターにて開催された。
     「フォートナイト」(PC / Xbox One / PS4 / Nintendo Switch / iOS / Android),「クラッシュ・ロワイヤル」(iOS / Android),「リーグ・オブ・レジェンド」(PC)の3部門に,全国1475校,1780チーム,4716名が参加。6月より全国7ブロックで代表決定戦が行われ,激戦を勝ち抜いた60チームがこの決勝戦に出場した。本稿では2019年8月14日に行われた「フォートナイト」と「クラッシュ・ロワイヤル」両部門の決勝大会の模様をレポートする。


     決勝大会当日は平日ながら夏休みとお盆休みの期間ということもあり,出場チームを応援する関係者のほかに,親子連れや友達同士の学生を中心とした一般入場者が多数訪れ,大会を盛り上げた。


     また大会アンバサダーとしてアンガールズ田中卓志さんと,池田美優さん,スペシャルサポーターとしてアルコ&ピースの平子祐希さんと酒井健太さん,応援マネージャーとして日向坂46の佐々木久美さん,金村美玖さん,富田鈴花さん,丹生明里さん,松田好花さん,渡邉美穂さん,そしてスペシャルゲスト三代目 J SOUL BROTHERSのELLYさんが出演。ゲストのほぼ全員が各タイトルに精通していて,コメンテーターとして実況にも加わった。



     前半に行われたのは「フォートナイト」の決勝大会。出場チームは42チームで,2人1組の84名がアリーナ デュオのモードで全3ラウンドを戦う。最後まで勝ち残ってヴィクトリーロイヤルを獲得したチームには10P,以下2〜5位に7P,6位〜10位に5P,11〜15位に3Pの順位ポイントがそれぞれ付与される。さらに1エリミネートごとに1Pを加算し,3ラウンドの合計獲得ポイントチームの順位が決定する。


     それぞれ地区ブロックでの予選大会を勝ち抜いてきた精鋭が揃う決勝ということで,白熱したバトルが繰り広げられる中,第1ラウンドでヴィクトリーロイヤルを獲得し,さらにエリミネート数でもトップの11Pを加えて1位となった千葉県立下総高等学校とうもろこし畑」が,なんと第2ラウンドもヴィクトリーロイヤルを獲得するという快挙を達成した。



     そして最終第3ラウンドでは,優勝が見えた千葉県立下総高等学校に対し,19P差で追いかける暫定2位の桐生第一高等学校初心者連合」が奮闘する。残り5人のところまで残っていた千葉県立下総高等学校が倒れる中で,見事ヴィクトリーロイヤルを獲得し,来場者を興奮させた。


     第3ラウンドのエリミネートポイント次第では,大逆転もあり得る可能性に沸いた成績発表で優勝が告げられたのは下総高。2度のヴィクトリーロイヤルに加えて,3ラウンドで21Pのエリミネートポイントを獲得し,桐生第一高に10Pの差を付ける48Pで優勝を飾った。
     下総高のLiberta ぼくラグナ選手は「最高です」とコメント。NS-sano112233選手も「緊張しました」と,それぞれが素直な言葉で試合の感想を述べていた。




     後半の「クラッシュ・ロワイヤル」の決勝大会は,全国のブロックで行われた予選を勝ち抜いた8校が出場した。
     決勝はトーナメント戦で,3対3のチーム戦だが,試合は1 vs 1,2 vs 2,1 vs 1の順に行われ,先に2勝したチームが勝利する。引き分けが成立し,3戦で決着がつかなかった場合は引き分けの試合を再戦するというルールとなっている。



     さすがここまで勝ち上がった強豪チームだけに,選手は各々で厳選したデッキを持ち込み,超ハイレベルな戦いを繰り広げていた。準決勝では,徳島県立徳島科学技術高等学校スターズ」と関西大倉高等学校「ノアズアーク」,そして渋谷教育学園渋谷高等学校Intuition」と学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校NoX」がそれぞれ対決した。
     結果は,最終戦の残り1分で逆転勝利を手にした大倉高と,優勝候補とされていたN高をストレートで破った渋谷高がそれぞれ決勝へとコマを進めている。



     迎えた決勝戦は,「各試合2本先取で勝利」というルールで行われた。長期戦が予想されたが,この決勝トーナメントで一度も負けていない渋谷高のxShunTy選手が大倉高のまさき選手から2本選手して勝利。続く2戦目も,相手のミスを逃さない攻めで逆転した渋谷高校のバタ選手とそうだ選手が勝利し,ストレート勝ちで優勝を決めた。




     渋谷高校は,ほかのブロックと違い出場枠が2枠設けられた関東ブロック予選を2位で通過していたチームで,「敗北を知っているからこそ,今回の勝利につなげられた」と,試合後にコメント。準優勝の大倉高校の選手達とともに,客席からは大きな拍手が贈られた。



    リンクCoca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019公式サイト


    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URLhttps://www.4gamer.net/games/333/G033329/20190815085/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    関連タイトル
    クラッシュ・ロワイヤル
    クラッシュ・ロワイヤル
    Fortnite
    Fortnite
    フォートナイト
    フォートナイト
    フォートナイト
    フォートナイト

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    (C) 2016 Supercell Oy
    (C)2011, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 3 and UE3 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved.
    Fortnite (C)2018, Epic Games, Inc. Epic Games, Fortnite, Unreal, Unreal Engine 4, UE4, and their respective logos are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved. The rating icon is a registered trademark of the Entertainment Software Association. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.
    (C)2018, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 4 and UE4 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved.
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

    高校eスポーツ大会「STAGE:0」の決勝大会が開催。全国1475校が参加した“eスポーツ甲子園”の「フォートナイト」と「クラロワ」の部をレポート


    (出典 news.nicovideo.jp)

    クラッシュロワイヤル(Clash Royale)は、フィンランドのゲーム会社Supercellが開発、運営するiOS・Android用オンラインストラテジーゲーム。略称は『クラロワ』。基本プレイは無料でアイテム課金が存在する。2016年3月2日に全世界でリリースされた。 プレイヤーは、8枚のカードで構成されるデッキを編成し、2
    23キロバイト (3,072 語) - 2019年8月9日 (金) 12:47



    (出典 i.gzn.jp)





    このページのトップヘ