【元記事をASCII.jpで読む】

 CyberZは9月10日に発表会を開催し、eスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催できるコミュニティープラットフォーム「PLAYHERA」の日本国リリースを発表した。β版として9月10日に配信開始する。また、CyberZの連結子会社RIZeSTとの合弁会社としてPLAYHERA JAPANも設立予定。代表には、RAGE総合プロデューサーの大友 真吾氏が就任する。

無料で簡単にeスポーツ大会に参加、主催も可能

 発表会では、RAGE総合プロデューサーであり、PLAYHERA JAPANの代表に就任する予定の大友 真吾氏が登壇。大友氏は「これまで、RAGEの運営や実際に参加してきたりして、eスポーツ大会における様々な課題があることを認識してきました。PLAYHERAは、その課題をシステマチックに解決してくれるアプリです。日本でのeスポーツが発展するうえで必要なことを詰め込みました」と挨拶した。

 PLAYHERAeスポーツ大会を開催するうえで、eスポーツ大会の開催/運営を手軽にすること、競技プレーヤーの拡大、各ステークホルダーの収益の向上という3つに焦点を当てて開発されたeスポーツ大会&コミュニティープラットフォームだ。ユーザーは気軽にPLAYHERA内で開催されている大会に参加することができるほか、初めて大会に参加する人も迷うことなくスムーズに参戦できるシステムを用意している。

 オンライン大会では、対戦時間だったり、相手が準備できたかがわからずずっとパソコンの前にいなくてはいけないことがあるという。そのため、PLAYHERAでは対戦時間や対戦相手の準備完了をプッシュ通知で知らせるようにしてある。また、アプリ内にチャットボックスを用意し、対戦相手と共有すべきゲームのルームNO.やサーバーIDなどの共有が可能。また、対戦相手だけでなく運営側ともチャットでやりとりができるのも、PLAYHERAの特長だ。

GPSで会場に到着すればエントリーが完了する仕組みも、会場を借りたり放送も可能なPLAYHERA公式オンライン大会も開催できる

 また、PLAYHERAはオフライン大会でも使用可能。大規模なオフライン大会だと参加受付にかなりの列ができたりするが、PLAYHERAを利用すれば、GPS機能をつかったオンラインでの受付が可能になるという。また、オフライン大会でも、対戦時間をプッシュ通知で知らせてくれるので、対戦時間がわからずトイレにも行けないといったこれまでの大会の課題も解決できるとしている。

 PLAYHERAでは、大会の主催者になることも可能。オーガナイザーアカウント基本無料(有料プランあり)だが、有料でPLAYHERA公式オンライン大会も開催できる。PLAYHERA公式オンライン大会は、OPENRECスタジオe-Sports SQUARE AKIHABARAを使用して、高品質な放送をすることも可能だという。そのほか、経験豊富なスタッフが運営の手伝いをしてくれたり、大会の分析をしてくれるなど、有料ではあるものの公式大会ならではのサービスが提供される。

ブロック制のトーナメントも簡単作成

 主催者は、ウェブで大会の詳細をカスタマイズ可能。大会のロゴや日時や参加人数などの大会情報、大会賞金などが設定可能なほか、参加に必要な登録フォームも本名の有無など様々なカスタマイズが可能だ。

 加えて、例えば4ブロックに分けてトップ4で決勝戦を実施するなど、グループを分けてのトーナメント戦なども簡単に設定可能となっている。現在は主催者側の設定はウェブ上からとなっているが、本リリースではアプリ上でカスタマイズが完結するようになるとのことだ。

YouTuberのように収益が手に入る仕組みも

 PLAYHERAには、大会用のサービスだけでなく、eスポーツ向けのコミュニティー用SNSも用意している。このSNSでは、自分がプレーしているゲームランク、大会戦績などの情報を記入したプロフィールが作成可能。プロフィールをもとにオススメの大会や大会結果なども知らせてくれるという。PLAYHERA上でクランの作成も可能なほか、作成したクランでの大会参加もできる。

 また今後は、複数人でプレーするゲームタイトルで足りないメンバーリアルタイムで募集する「リクルーティング機能」や、プロゲーマーなど腕に自信がある人がコーチ登録をして、教えてもらいたいユーザーコーチする「コーチング機能」なども実装予定。

 そのほか、まだ未定ではあるが、昨今の人気YouTuberのように、優秀なオーガナイザーにはPLAYHERAの収益の一部を還元するシステムなども視野に入れているという。

 最後に、RIZeSTのCEOである古澤 明仁氏が登壇。古澤氏は「PLAYHERAの創業者であるナイフコンセプトを聞いたときは雷が落ちた気分でした。打ち合わせは深夜でしたが、すぐにナイフに戻ってきてもらい、打ち合わせを始めたくらいです。(メディアの)皆さんはご存知だと思いますが、日本のeスポーツはまだまだ発展途上で、このままだといずれは衰退していくという危機感があります。PLAYHERAを使って、国内のeスポーツを元気にしていきたいと思っています」とコメントした。

 PLAYHERAは本日よりβ版がリリースされ、本リリース2019年末もしくは2020年初頭を予定しているという。今まで以上に簡単にeスポーツ大会に参加できるので、気になる方はPLAYHERAを使用して大会に参加してみてほしい。

eスポーツ大会がより身近に簡単に、参加&主催もできるアプリ「PLAYHERA」


(出典 news.nicovideo.jp)

大会を手軽に開催できるeスポーツプラットフォーム「PLAYHERA」が発表,β版が本日リリース。CyberZとRIZeSTが合弁会社を設立しサービスを展開 - 4Gamer
2019年9月10日,CyberZとRIZeSTは都内某所にある「OPENRECSTUDIO」にて,eスポーツ大会&コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」のプレス向け発表会を行っ ...
(出典:4Gamer)



(出典 image.gamer.ne.jp)