日本アニメの金字塔『機動戦士ガンダム』が昨年40周年を迎えた。そして2020年となった今年、ガンダム人気の屋台骨を支え続けてきた『ガンダムプラモデル(以下、ガンプラ)』も40周年を迎えた。そのガンプラ40年の歴史においてエポックメイキングとなったのは1980年代前半のガンプラブームだ。では、当時の狂騒的な盛り上がりを、“ガンダムの生みの親”である富野由悠季氏はどう見ていたのか。ガンダムガンプラが共に歩んだ40年を富野氏に聞いた。

【写真】クワトロさん歓喜!この百式なら、キュベレとジ・Oが相手でも圧倒しちゃいそう…

MSVアニメZガンダム』に逆輸入ガンダム正史に及ぼしたガンプラの影響力

 『機動戦士ガンダム』40年の歴史においてガンプラの果たした影響を富野氏に聞くと、「ガンプラの影響力は“決定的”です。もはや、プラモデルというジャンルさえも『ガンプラ』という名前に切り替えさせてしまったくらい、強力な“事業”になったということです」と気炎を吐いた。

 とはいえ、富野氏はバンダイのプラモデルについて当初、「バンダイガンダムプラモデルに参入してきた時、僕は徹底的にクレームをつけました」と述懐した。それは「本気になってプラモデルを作るなら、タミヤに負けてもらっては困る」という想いからだ。ミリタリーものを再現するときの技術論は、いわゆる“巨大ロボットもの”の発想と根本的に違うと解説。続けて、「バンダイタミヤが表現しているようなミリタリーもののディテールが全く出来ていなかったんです。ミリタリーもののリアリズムに負けないような作り方をしてほしいとお願いした」という。

 では、当時バンダイタミヤに負けていた部分というのは具体的にどこなのだろうか。

「根本的な問題として金型の問題も承知していました。また、ガンプラヒットし、模型業界で成功を収めたバンダイがダラしなくなってきているとも感じていました。こんなことを続けていたら飽きられるぞと。一般論的に言わせてもらいますが、機械的構造の再現をどう縮小して再現するのか、という造形を目指してくれなければ困ると伝えました」

 ガンプラにおけるミリタリー要素といえば、MSVモビルスーツバリエーション)の存在を頭に浮かべるガンダムファンは多いだろう。MSVガンダムの世界観を広げてリアリティを作品に与えたことで、ガンプラ子ども向けだと見ていた大人のモデラー層を取り込むキッカケとなった。また、MSVの作品がアニメZガンダム』に逆輸入されるなど、ガンプラガンダム史において多大な影響を持つターニングポイントともなった。

 MSVの果たした役割について富野氏は「まったくその通りです。ただ、当時から20年、30年と経ったからそう見えるだけで、Zガンダムの頃までは、こんなものじゃダメだ、ミリタリーものの精度に負けている」と、バンダイに対して明確に指摘したという。バンダイの担当者に「それはギミックが違うので…」と言われれば「うるせーよ!」と言い返していたとも…。「いま、当時のスタッフは全員偉くなっているから、みんな忘れているだろうけど(笑)」と、富野氏はチャーミングな笑顔を見せた。

バンダイに伝えた“兵器”としての誤解「それはいまだに改善されていない」

 劇場版機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』(1982年)からTVアニメ機動戦士Zガンダム』(1985年)の放送まで3年間の空白があった。この間もガンプラMSVを中心に展開されていたが、富野氏はそのクオリティに納得できたのだろうか。

 「当初、ガンプラは可動部分の問題が多かったのですが、それでもシルエットはかなり向上しました。当時のMSVを全肯定はしませんが、『まあ許せる』というレベルにはなったと思います。人型兵器として“らしく”なったねと。それでも、宇宙ものの兵器として『あなた達が絶対に誤解していることがあるんだけど』と伝えていたことがあります。そして、それはいまだに改善されていません」

 誤解とは一体何のだろうか。富野氏は間髪入れずに「MSのランドセルが小さすぎます」と即答。「あれでは、宇宙空間で1週間とか10日間、パイロットが支援無しで生き延びなければならなくなった時、MS単体で活動を続けるのは難しいでしょう」と指摘した。

 つまり、アニメではあっても兵士が命を託す兵器としてディテールにはこだわるべきだと富野氏は明確に言い切るのだ。そういった視点で言えば、現在富野監督が製作している劇場版アニメガンダム Gのレコンギスタ』(全5部作)に登場するMSにはコクピットトイレが設置されている。

 富野氏は「例えば、街の風景や街灯がそこに立っている意味、つまりは物事の形が持っている意味は“なんとなく”ではありません。それを認識し、考えることが必要です」と言葉に力を込める。そして「ただのSFモノ、巨大ロボットものをやっている目線ではなく、アニメにおいても“文化論”を意識する必要があります。そしてそのことが、“ガンダムがここまで生き延びられた”理由のひとつと言えると思います」と語った。

 宇宙空間での戦闘や移動を考えればコクピット内に長時間滞在するため、排泄問題は深刻。富野氏はこうした細かな描写やディテールの積み重ねで、ガンダムを“絵空事”じゃないリアルロボットアニメに育ててきた。だからこそ、「子どものオモチャだから…」「巨大ロボットものだから…」といった目線ではなく、『ガンプラ』でも“文化論”を意識すべきと富野氏は語っていた。

(C)創通・サンライズ

ガンダム人気の屋台骨を支え続けてきた『ガンプラ)』も40周年を迎えた(C)創通・サンライズ


(出典 news.nicovideo.jp)

ガンプラは、「ガンダムのプラモデル」の略称。 「ガンダム」とはアニメ作品『機動戦士ガンダム』劇中に登場したモビルスーツ(ロボット)である「ガンダム」のことだが、「ガンプラ」という名称を広義に用いる場合は単にガンダム一体だけを指すのではなく、「ガンダムシリーズ」全体に登場する他のモビルスーツやモビル
118キロバイト (16,975 語) - 2019年11月13日 (水) 01:15



(出典 hobby.dengeki.com)