週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の人気漫画が原作の「舞台『鬼滅の刃』」のライブビューイングが決定し、2020年2月2日に兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeで行われる千秋楽公演の模様が全国の映画館で生中継されることがわかった。

累計発行部数2500万部を突破する同名原作は、心優しき少年・炭治郎が、鬼となった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために「鬼殺隊」に入り、戦いに身を投じていく姿を描く。19年4~9月にテレビアニメ版が放送され、20年には「劇場版鬼滅の刃』無限列車編」の公開が控えている。

舞台版のライブビューイング2月2日午後5時開演で、チケットは3800円(税込み/全席指定)。チケット抽選(プレリクエスト)を1月5日午後11時59分までローソンチケットで受け付け、一般発売(先着順)は1月25日正午~31日正午に実施。上映劇場は公式サイトhttps://liveviewing.jp/contents/kimetsu-stg/)で発表されている。

ライブビューイングが2020年2月2日開催 (C)吾峠呼世晴/集英社 (C)舞台「鬼滅の刃」製作委員会2020


(出典 news.nicovideo.jp)

鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。 累計発行部数は2019年11月27日時点で250
227キロバイト (36,440 語) - 2019年12月29日 (日) 11:51



(出典 storage.mantan-web.jp)