今回紹介するのは、小林幸子さんが投稿した『ポケットにファンタジー【幸子とミク version】』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

「ねぇ?君たちの夢って何かな?」
ポケットにファンタジー』をセルフカバーさせていただきました。
一緒に歌ってくれたのは初音ミクちゃんです。
沢山のミクちゃんの歌を歌ってきたから
この曲をデュエットするなら彼女としたいと思ってました。

1998年にこの曲が発売されてから21年。
これを聴いた時に子どもだったみんなもすっかり『大人』になったんじゃないかな?
忙しい毎日だと思うけれど、時には昔の『子ども』だった頃の自分を思い出してみてね。



 小林幸子さんが、テレビアニメポケットモンスターエンディングテーマ曲『ポケットにファンタジー』をセルフカバーしました。デュエットの相手は初音ミク小林幸子さんと初音ミクとのコラボは初めてのことです。

 ゲームボーイふうのアレンジで前奏が始まります。ゲームボーイふうの画面に映るのは小林幸子さん。小林幸子さんが「ねえ、きみたちの夢ってなにかな?」と語りかけます。

 語りかけに対し「ポケモン151匹、ゲットー!」と答えるのは初音ミク小林幸子さんは、今までミクちゃんの曲をたくさん歌ってきたから、この曲をデュエットするなら彼女としたいと思っていたといいます。

 『ポケットにファンタジー』が発売されたのは1998年。「はやく大人になりたい」と語る子どもに対し、大人は「もう一度子どもに戻ってみたい」と夢を語るなど、大人になってから聞くとグッとくる歌詞です。コメントには「マジで泣ける」「感動」などの声が寄せられています。

 初音ミクの調教はたかぴぃさん。あどけない、素朴な雰囲気が出ています。素晴らしい調教とこちらも絶賛されています。

視聴者コメント

名曲をありがとう
泣いたありがとう
ミクと歌ってくれて嬉しい
21年前の俺と今の俺からありがとう
感動をありがとう

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

ポケットにファンタジー【幸子とミク version】』

―あわせて読みたい―

小林幸子さんが“何でも言うことを聞いてくれるアカネチャン”をカバー! 歌唱力を盛大に無駄遣いする楽曲に「歌うますぎる」

初音ミク『メルト』10周年記念! “ラスボス”こと小林幸子が『歌ってみた』動画を投稿。「メルトを愛する皆様の気持ちがずっと続いていきますように」



(出典 news.nicovideo.jp)

小林 幸子(こばやし さちこ、1953年12月5日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。本名、林 幸子(はやし さちこ)。旧姓、小林。血液型はA型。身長165cm。漫画家の小林まこととは親戚である。「幸子プロモーション」所属。 新潟県新潟市(現在の新潟市中央区)出身。1963年、9歳の小
116キロバイト (9,197 語) - 2019年10月22日 (火) 23:45



(出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


小林幸子さんと初音ミクは本当にお似合いですよね。